03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

パソコンを買おう!その3~モニター編~ 

自作パソコン知識還元プロジェクト!
私がパソコンを買うにあたって多くの方頂いた親切と知識のお返しです^^

しかし初心者の私が語る初心者知識ですので、間違いや語弊ありきだと思ってください^^;
自分じゃパソコン組めないから、お店の人に頼むのだけど基礎知識すら無いよ〜という方が
パソコンってどんなものかのイメージを掴むために参考にしてくだされば幸いです♪


パソコンを買おう!その1

パソコンを買おう!その2



さて、今日はモニターについていです。
モニターの種類にはいくつかあります。


★パネルの違いで選ぶ

<TN方式>
安価で消費電力が少ないですが、視野角が狭く、正面以外で見ると角度によって色が変化して見えてしまいます。

<VA方式>
黒が深くて(←白っぽく見えないというか、、、)コントラスト比が高い。
TNパネルと同じく視野角が狭いです。

<IPS方式>
視野角が広くある程度の角度から見ても、色が変化しにくい。
上記2つとくらべると、値段が高い。

→IPSパネルが綺麗なので、制作する方は特にIPSを買われたら良いと思います。


★入力端子(モニタと本体を繋ぐコードの種類です)

<HD15端子>
昔の規格です。
アナログ信号ですので、画質はデジタル信号のものに劣ります。

<DVI端子>
デジタル信号とアナログ信号両方に対応できます。
デジタル信号で受信した場合、HD15端子よりも画質は良いです。

<HDMI端子>
最新の映像端子。
同じくデジタル信号で、画質はDVI端子よりも上ですが、
ディスプレイがその画質に対応していなければ、DVI端子とほぼ変わらない。
音声も送ってくれるよ。

<DisplayPort>
最新の映像端子。
複数のディスプレイを繋いでいける。
デジタル信号。HDMI端子と同じくらいの高画質なデータが高速で送れる。
ほかの端子よりも綺麗な状態のデータのままだそうです。
音声も送ってくれるよ。

→色んな方からDisplayPortをおすすめされました。


★DTP制作、デジタル一眼レフを扱ったり、印刷する方ならadobeRGB!
★webや3DなどデジタルデータのみならsRGB!
モニターによって表示される色域は異なります。
印刷するのであれば、adobeRGBのカバー率が高いモニタがおすすめです。
カバー率100%に越したことはないのですが、高い。
カバー率96%くらいなら10万円以下で買えるものが出てます。
表示される色域がsRGBよりも広く、より正確な色が表示されます。
じゃあ、webや3Dをやってる人も、adobeRGBのカバー率が高いのを買えば良いのかといえば
そうではないそうです。むしろ逆効果。
webや3D、デジタル映像やオンラインゲームなど、印刷されないものは、
sRGBという基準を前提に制作されている場合が多いので、
モニターの色域もそれと同じものが適していると言えます。
その場合もちろんsRGBカバー率100%のモニターがベストだとおもいます。
デジタルデータであれば、見る側のモニタや設定などによって全然変わりますから、
そんなにこだわらなくてよいかとおもいます。
ちなみに、ネットで調べたらsRGBはadobeRGBカバー率でいうと72%以下という見解がありました。

★adobeRGBカバー率が高くてもカラーマッチングしなかったら意味ないよ♪
カラーマッチングとは、簡単に言うとデータとモニターとプリンターの色を合わせることです。
Macが制作向きだと言われているのは、MacのOSは自動でこれを行ってくれるからです。
でも実はimacのモニターはadobeRGBではなくてsRGBらしいのですけど。。。

ちなみにadobeRGBのカバー率の高さと画質の高さは別問題です。


★グレア(光沢)とノングレ(非光沢)
グレアの方が目が疲れるとかと耳にしますが、
科学的に言えばどちらも大差ないそうです。
なので、これはお好みで♪


★フードがあればより見えやすい♪
モニターのまわりにつけるカバーみたいなのです。
モニターに蛍光灯などの光がはいるのを防いでくれます。
フードは各社専用のものを出しており、対応したモニターにしかつけれないようです。
逆にモニターもフード対応のものでなければ、フードはつけれません。


★動きの綺麗さは応答速度!
応答速度が速いほど、動画の動きがなめらかに見えます。
応答速度:8msとかって記載されてるやつです。
簡単に言うと、数字が小さいほど綺麗ということになります。
昔は8msでも普通に使うには十分とかいわれていたのですが、最近は3.5msとか出てて
もうそれはそれはなめらかだと思います。




モニターはドット抜けがよくあるそうですが、メーカーでは不良品に該当しないとされているため、
購入するときにドット抜け保証をしてくれている所が良いと思います。

スポンサーサイト

Posted on 2012/06/05 Tue. 23:15 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

05

HDをお引越♪ 

今日は、旧パソコンのデータを新パソコンに移動して、
ネットとソフトやなんかの環境を整えてました。
新モニターはまだ入手してないので、とりあえず今まで使ってたモニターで。

データのバックアップをとるのがめんどうくさかったので、
内蔵ハードディスクにデータをひとまとめにして、パソコンから取り外して
そのまま新パソコンに増設する作戦に出てみました!

ということで、分解♪
20120604比較

左が新パソコン、右が旧パソコン。
新パソコンの方が小さい〜!と今日初めて知りました。

小さいといえど、ハードディスクの増設ぐらいわけないでしょ♪

と思っていたら、甘かった!
写真でいうと、右下のところにハードディスクを入れる棚みたいなのがあるのあですが、
新パソコン、よくよく見ると…いや、よくよく見なくても、入れる所が無い!
もともと1TBあるから、増設する必要は無いのですけど、いやしかし!そんなっ!
マザーボードへの差し込み口の数も1つしかないしっ!

……(-ω-;)

内蔵はあきらめて、外付けにすることにしました。
外付け用のカバー買ってこなきゃっ!


それとね、旧パソコン、ふた開けて初めて知ったのですが、
メモリのスロットが4つもある。
私が買ったのは2つ。

旧パソコンは、実は父の自作パソコンを貰い受けたのですが、
ハードディスクも600GBあったし(当時としたらかなり多い容量)、
ドライブも2つ入ってたし、なかなか贅沢なことしてたのね〜。

しかし、父よ。
メモリのスロットが折角4つもあるのに、なぜ3つしかメモリが刺さってない???
空いてるスロットが泣いてるよ〜!
つか、これ多分デュアルだから、2枚1組で使わねばでは?



で、せっかくパソコンを開けたので、、、
新パソコンのグラフィックボードです。クアドロ600ってのを買いました^^
20120604.jpg


で、グラフィックボードを積んだので、モニターの接続はグラフィックボードのポートからになります。
するとね、このグラフィックボードの接続口、最新のしか付いてなかったのです!
つまり、私の古いモニターのコードの規格が入らないっっw

わ〜どうしよう!(-ω-;)

とおもってたら、よくよく見たら、変換アダプタが箱の中に入ってました!
よかっっった…!ほんとよかった!!!
お店の人ナイスナイスナイス!


で、無事に起動して、ネット接続して、色んなドライバも入れて、
最後に制作ソフトをインストールしました。
スムーズにいかなくて、インストールに1時間。

さて、試しに使ってみるか♪とソフトを立ち上げたら、
「シリアル番号が見つかりません」と表示されて強制終了。

え、、、ちょっっw

何回立ち上げても無理でした。
adobeのCreativeSuite2っていう奴らです。
このソフト、バージョンが古くってWindows7ではサポートされてないのは知ってたのですが、
ネットで見た限り、同じ環境で使用している人の動作は問題なさそうだったので
気にしていなかったのですが…ですが…あたし、シリアル番号、入力したよ?(ノω;)

ネットで調べたら、普通インストール先は、c¥Programfiles¥Adobeってやるところを
Cドライブ直下…つまり、c¥Adobeでインストールすると何故か出来たというのがありました。
早速やってみると、無事にソフトが起動♪

よがっだよぉぉおぉ

これでダメだったら、パソコンよりも高いソフトを買い直す羽目になるところでした〜



あとはハードディスクを使えるようにして、モニターを手にいれるだけ!
モニターは、今使ってるモニターも活用してデュアルにしようかとおもいます。
ディアルディスプレイに興味はなかったのですが、
モニターも無駄にならないし、資料用と作業用のモニターがあれば効率は確かに良い!




Posted on 2012/06/04 Mon. 23:59 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

04

パソコンを買おう!その2〜自分に合ったポイントを知る〜 

自作パソコン知識還元プロジェクト!
私がパソコンを買うにあたって多くの方頂いた親切と知識のお返しです^^

しかし初心者の私が語る初心者知識ですので、間違いや語弊ありきだと思ってください^^;
自分じゃパソコン組めないから、お店の人に頼むのだけど基礎知識すら無いよ〜という方が
パソコンってどんなものかのイメージを掴むために参考にしてくだされば幸いです♪

パソコンを買おう!その1~パソコンの仕組み~




今日は買うポイントについてです。

買うのに一番大切なのは、何の為に使うパソコンなのかを明確にすることです。

webやDVD閲覧だけでしたら、前の記事でも書いたように、
市販されてるノートパソコンやオールインワンなどのパソコンで十分です♪

オンラインゲームをするためのパソコンなのか、
制作用で使うパソコンなのか。
制作でもweb用なのか、3DやCADなのか、動画なのか、印刷用なのか。
用途によって必要なスペックが全く異なります。

高性能に越したことは無いのですが、パソコンって上を見てたらキリがありません。
高いお金を払って使いもしない機能を付けても…ね…^^;
自分に合った機能を知り、必要なお金だけかけるのがベストだとおもいます♪

では各パーツごとにいきま〜す♪



ハードディスク
表記は500GBとか1TB。
ご自分の扱うデータの容量に合わせてお好みで♪
ハードディスクは外付けもできますし、タワー型なら増設もできます^^


CPU
☆クロック数
2.4GHzとか3.1GHzとかと表記されてるやつです。
ざっくり言いますとこの数値が大きいほど、処理速度が早いです。
ご自身が使われるソフトなどに見合ったものをどうぞ
☆コア数
2コア(デュアルコア)とか4コア(クアッドコア)と表記されてるやつです。
これもコア数が多いほど、性能が上です。
標準で使用するには2コアあれば十分。
3Dのレンダリングなど処理容量が多い場合は4コア以上あれば良いそうです。
世の中には48コアとかもあるそうですが一体どんなことに使われるんでしょ?^^

現在日本においてはIntel社の core i 5 や core i 7 が多くのシェアを占めています。
余談ですが、CMで「インテル、入ってる?」てのを聞いたことあるかと思いますが、
あれはIntel社のCPUがパソコンに入ってる?という意味です


メモリ
☆容量と枚数
4GB(2GB×2)などなどと表記されてます。
マザーボードのスロット数によって、設置枚数が異なります。
最近は2枚一組のデュアルチャンネルが主流です。
他には3枚や4枚もあります。
容量と枚数が多いほど、記憶容量が多くなります。
容量が多いほど、同時にいくつかのソフトを使用しても安定します。
使うソフトやデータによって必要な容量が異なります。

ちなみに私の場合は一番容量を食うソフトはPhotoshop。
だけどバージョンがCS2なので、どんなに使っても4GBを超えることは無いそうです。
これはbit数の関係があるそうなのですが、私の知識では説明できません〜(ノω-;)
ごめんなさい。。。
3D系は16GBくらいは必要になるそうです。

グラフィックボード
DTP制作しない方 or 3Dグラフィックを扱わない方以外には必要ないです!
☆DTP制作の方
これは、モニターとの話にもなるのですが、最終的に印刷物となる制作をされる方は
グラフィックボードを搭載した方が良いそうです。
なぜなら、グラフィックボードがディスプレイに表示される色を決定するから。
そして、できればモニターとの接続がDisplayPortが付いているものが良いと思います。
DisplayPortとは、かなり簡潔に言うと、データをよりそのままの状態で転送してくれるインターフェイスです。
ようは、綺麗な状態のままをディスプレイに表示してくれます。
そうなると、自然とディスプレイもそれに対応できる良いやつを使わないと
意味がなくなるのですが、、、それはまたディスプレイの項目で述べます。
☆3Dグラフィックの方
グラフィックボードは各社各シリーズによって特性が違うそうです。
例えば、A社のは低解像度の3Dを処理するのが早い→3Dゲーム向き
B社は高解像度の3D処理が綺麗→3D制作やレンダリングをするとき効果を発揮
B社のグラボで3Dゲーム用に積んでも、ほとんど意味が無い(働かない)そうです。
なので自分が何をしたいかを店員さんに伝えて、一番適したのを教えてもらいましょう!



私が気にした項目は、こんなかんじです。
自分が、何の目的でパソコンを使うのか。
使うソフトは何と何と何で、どれくらいの容量のデータを扱うのか。
事細かに、自分の使用状況を店員さんに説明して、ベストなものを伺いましょう♪
やはり餅は餅屋ですので、詳しい方に聞くのが一番です。
で、何を聞いたら良いのか、下調べして行けば店員さんが言っている事が理解しやすくなるとおもいます。
実際私がそうだったのですが、何の知識も無くいったら、
ほんと、何語をしゃべってるか分かりませんから♪ヽ(^ρ^)/


次回はディスプレイについてかこうと思います♪


Posted on 2012/06/03 Sun. 19:43 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

03

パソコンを買おう!その1~パソコンの仕組み~ 

パソコン知識還元プロジェクト!
私がパソコンを買うにあたって多くの親切な方から頂いた知識です。
しかしその情報を私を介してご紹介しますので、超初心者知識に変換されていまいましたorz

WEBやDVD鑑賞だけじゃんくて、制作でも使うから良い奴が欲しい!
でも…
パソコンってどうやって動いてるの?魔法なの?
CPUとかって何?何を基準に買えば良いの?
という感じのかた向けの知識です^^

ちなみにネットやメール、DVD鑑賞のみ、って方は、店頭で売られてる
オールインワンのとかノートパソコンとかで機能は十分だそうです♪



で、私も最初はさっぱり!
クアッドって何?CPUの○MHzってどんな規模をさしてんの?
一体何を基準に買っていいのやら…
つか、そもそもパソコンってどういう構造で何を良くしたらどうなるの?
…とういことで、まずはパソコンの仕組みからご紹介します。
初心者が語る初心者知識ですので、間違いありきだと思ってください^^;
自分じゃパソコン組めないから、お店の人に頼むのだけど基礎知識すらないという方が
ご自分でパソコンについて調べるきっかけにでもなればと思います♪



まずは、パソコンの中身は大雑把に描くとこんなです。
分かりやすくするために、かなり簡略化して描いてるイメージ図です。本来の配置とは違いますよー
説明も分かりやすくするために、かなり簡略化しています。
とにかく分かりやすさ重視なのでかなり乱暴な説明ですw
御幣があるはずなのでごめんなさい。

20120531.jpg

パソコンの中には大きく分けて4つの機材が入ってます。

光学ドライブ
DVDとかBLなどの読んだり、書き込んだりが出来ます。

HD(ハードディスク)
データを保存する場所です。

●電源ユニット●
電力供給装置。各パーツに電力を供給します。
パーツに消費電力量に応じたW数にする必要があります。

マザーボード
パソコンのメインの中身です。基盤。
マザーボードに、いろんなパーツがあり、各パーツの性能で、どんなパソコンになるかが決まります。
本当は図よりももっと沢山のパーツがありますが、購入にあたり最低限の知識だけご紹介
 <CPU
 人間の体で例えると、脳みそです。
 パソコン全体を制御をしてくれます。
 <メモリ
 パソコン上で一時的なデータの保管。電源を落とすとそのデータは消えてします。
 例えるなら、まな板の広さです。小さいまな板だと、野菜を切って端に置いて他の野菜も切ると狭くて不便。
 メモリが多いほど、より多くのソフトを同時に立ち上げたりできます。
 マザーボードによってスロットの数が違います。
 <グラフィックボード
 グラフィックカード、ビデオカードとも言います。
 電子信号を視覚化してくれます。
 ディスプレイを通して色や形が見えるのは、グラフィックボードのお陰です。
 ちなみに、だいたいのマザーボードには既にグラフィック機能が備わっています。
 これをオンボードと言います。web閲覧など趣味での使用であればオンボードで十分。
 グラフィックボードの性能で、モニターに表示される色や動画の動きなどが変わるので
 動きの激しい3Dゲームするよ!制作で使うよ!という場合は
 より高性能なグラフィックボードの購入をおすすめ。
 各社が出してるグラフィックボードによって得手不得手がある。



だいたい、ざっと、こんな感じかと。
ほんと、間違えや御幣ありきで読んでくださいね!
調べるにもパソコンの概要が全く分からない方が
パソコンってどんなものかのイメージを掴むために参考にしてくだされば幸いです^^



一応、ウィキペディアのパソコンの説明のページものっけときます^^
パーソナルコンピューター(wikipedia)



Posted on 2012/06/01 Fri. 17:46 [edit]

category: パソコン

TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。